So-net無料ブログ作成

家事育児にやりがいを見いだせない時… [育児]

今日はオススメしてもらった本の内容について
ご紹介したいと思います。


私は家事育児の中に自分の存在意義が見いだせず、
何か他のことをしないと生きている意味が無い…という価値観から
再就職の焦りと保育園探しに苦悩していました。

そんな価値観を一掃してくれる本に出会えたので紹介させてもらいます。
以下の様な方にオススメです。

家事育児に自信がなく、ミスが多い
自分を責めやすい、落ち込みやすい
家事育児をするのがおっくう
夫(家族)に不満をもたれてしまう
家事育児をしていても評価されない

仕事は輝く」という本です。


とくに章の終わりにあるレッスンがオススメです。
自分のことに置き換えて考えるだけで、
普段の自分の作業に対する考え方がとことん変わります。
レビューを見ても驚くほどの高評価です。


お金の貰える仕事、
周りから評価される仕事、
自分のやりがいを感じられる仕事、
職に貴賤はない、とはいえ…
主婦業は無給だし、 世間からも軽く見られがちで、
一つ一つの作業は退屈なものが多いと感じます。

言葉の通じない子どもと一日中遊ぶこと、
料理、洗濯、掃除…
唯一の楽しみは、
子供が寝ている時のお菓子タイムだったりして…

専業主婦って退屈で生産性がなくて
世の中から孤立してて
社会の役に立ってない…

働きながらの兼業主婦に比べたら
家族にとっても社会にとっても私ってお荷物な存在…
自分のことをそんなふうに思ってました。


この本は、
どんな仕事でも見方を変えるだけで
素晴らしい仕事になる…
と思わせてくれる画期的な本です。


しかも、
自分に誇りを持てなかった原因を洗い出して
どうすれば自尊心を高めて、
自信を持った状態で
その仕事を成功させることが出来るか
を示してくれます。


石切職人の男の子が
主人公であるストーリー仕立てなので、
活字の苦手な私でも、
あっという間に読めてしまいました。



生活費のために
仕方なく石を切り出すと思っている職人と、

教会をつくるために
石を切り出すと思っている職人と、

人々を安らかにする教会のために
石を切り出すと思っている職人…という寓話を
物語にして、
更にそこから得られる仕事への教訓や
どうすればポジティブな自分になれるか…
などが書かれています。




nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

妊娠21週…気持ち悪くて寝られない [妊娠]

こんな時間なのに、
気持ち悪くて横になると吐きそうなので
なんとか起きてます…

匂いづわりはだいぶなくなって
ご飯を炊く時も、
子供のおむつを変える時も
餌付いたり吐いたりすることはなくなりました!!

しかし…

眠いけど、寝られない(><)
いまだに気持ち悪くてしんどい…


寝られない日が続くと
気持ち悪さに眠気が勝ってくれて寝られます。

寝られた日の後は、気持ち悪さが勝っちゃって
吐き気で起きたら気持ち悪くて眠れません…


この状態で仕事もしているお母さん、
本当に尊敬します…


昼間子どもと遊ぶ気力もない日もあって
そういう日に限って
子供のグズりがひどくて
イライラしている自分に自己嫌悪…

子供も体調の悪い私といるの
可哀想だな、って思います。


早く気持ち悪いの、なくなってくれないかな…
産まれたらしばらく眠れないのが常態化するだろうから
今のうちに慣れておくためなのかな…

せっかく子供が寝てるのに、
寝られたらいいのになぁ…

しかたがないので
昔ヤフオクで落札した
安産のためのソフロロジー式分娩のCDを聴いて
目をつぶって瞑想でもします…

おやすみなさい















nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

妊娠中の忘れっぽさ? [妊娠]

寝ていたら急に鼻血が出てきて、気持ち悪くなってきたので
起きています…

気持ち悪い…

それにしても、前回の妊娠の時の記憶があまりにもないことに
驚きました。

自分の日記を見返して、「ああ、こういうものだったのか…」
と、新しい発見があったりして…

子育て中は脳内が子育て脳になって
記憶をつかさどる前頭葉の血流がわるくなるので
物忘れがひどくなるのも一時的なこと…

というテレビを前に見たことがあったのですが

つわりの様子、
胎動の様子、
出産の時のこと、
産まれてからのお世話、
沐浴方法、

授乳とかすごく悩んで苦労したはずなのに
すっぽり記憶が抜け飛んでいて

「ああ、気持ち悪い…何でこんな気持ち悪いんだろう…」
とか思っていて…。。。

子供の事とかも動画や写真で残しておかないと、
あっという間に大きくなってしまうって言うけど、

毎日見ていると とっても長く感じて
早く大きくなって
もうちょっと楽になりたい

とか思ってるのに、
この時期を忘れちゃって
キラキラした思い出に変わるのかもしれないな…

1歳半の子供を連れて歩いていると
出会う人が
「今が一番いいときよ」ってよく言うけど、
これからの悩みは 思春期とか反抗期とか
一筋縄ではいかなくなって

毎日子どもといるのがしんどい…と思っている日も
少しでいいから離れたい…と思う日も
決して少なくはないのに

輝かしかった過去、
たどたどしく話す可愛かった子供との毎日…に変換して
懐かしむのかもしれないな…
と思うと、

子どもといる時間を大切にしなきゃ…と思います。
結局すぐ忘れますが…

(ここから下は本当に自分の忘備録ですが…)

今日は友達の結婚式に参加してきました。
ずっと遠出してなかったので、
世界がキラキラして見えました。

電車に乗ると、
誰にも邪魔されない自分の時間が確保されていることに
ちょっと感動しました。

2年前までは当たり前に思ってたのに…

すごく感動的で素敵な結婚式でした。
両親が大好きだった友達の結婚式なので、
両親への手紙のところで感極まりました。

私は妊婦用のお料理を用意していただいていて
心遣いにすごく感動しました。
食い意地の張っている私は
隣の人の赤い肉が羨ましかったですが…^^;

帰りに夫が駅まで迎えに来てくれて
夕飯の準備をしてくれていました(><)感動!!
しかも土用の丑の日のウナギ丼を作ってくれてました。
本当に感謝☆私は幸せものです。
忘れないように日記にしておかないと、
忘備録みたいでごめんなさい。。。

隅田川花火大会の映像をテレビで見ていたら
近くの花火大会の音がしたので
歩いてみよう…と誘うと、
乗り気でない夫が肩車をして付き合ってくれました。
昔からココらへんに住んでいた夫は、
この花火大会がしょぼいことをよく知っていたそうで乗り気でなかったようです。

近所の踏切まで行くと、
とても綺麗にみえました。

子供は「あないーー、あないーー」と興奮してました。
もう少しで花火って言えるようになりそうだな、

毎日いってらっしゃいって夫に言うので、
子供が袋におもちゃを詰めて
「いってらっしゃい」っていいながら
バイバイって手を降って出かける真似をするのが
最近かわいいなって思います。

行ってきますだよって言っても、
ピンと来ないみたいです。

そのうち
行ってきますって言えることが当たり前になって
こういうことも忘れてしまうんだろうなって思ったら
なんか書いておきたくなりました。














nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

障害のある方の施設での事件のニュースを見て… [思ったこと]

障害者施設での計画的な大量殺人のニュースを見て
殺人は重罪ながら、腹立たしい、意外だった、という報道ばかりで
虐待死の事件と同様、なんでそこまでのことを実行してしまったのか、
犯人がどういう心境でこの事件を起こそうとしたのか、
遺族の方々には申し訳ないけれど考えてました。

ニュースを見ると、犯人は
障害者施設で働いている中で
複数の種類の障害を併せ有する重複障害者が
「一生縛られたまま」であったり
「家族と断絶状態の人もいる」ことに触れて衝撃を受けて
安楽死させた方が家族にとっても幸せなのでは…という思想に至り、
それを実行してしまったということがわかった。

私は障害者施設のことは詳しくないけど、
犯人の言うとおり
家族にとってお荷物で施設に任して断絶状態の利用者の方もいるかもしれないが、
家族にとってはかけがえのない存在だけど
事情があってやむなく施設に入っていた…ということもあるかもしれない。

何より安楽死と言っても、
本人は障害を不幸と思っているかどうかもわからないし、
たとえ家族と断絶状態でも死を望んでいないかもしれない…

何も罪のない人を自分の勝手な判断で殺したことは決して許されないことと思う。
しかし一方で障害者施設で働くということが想像を絶するほど大変なことなのかもしれないとも思う。

介護をしている人が介護疲れで相手を殺してしまうこと、
育児をしている人が育児疲れで子供を殺してしまうこと、
許されないことだけど、その判断ができないほど、
できていたとしてもそこを超えてしまうほど、
極限まで追い詰められている何かがあるんじゃないか…と想像する。

もちろん、それを言い訳には出来ないけど
環境の中で、自分が我慢できる範囲を超えることってあるし、
そこで感情のコントロールができない精神状態になることに関して
責めるだけでは解決にならないと思う。

私の友達に高齢者施設で働いていた人がいる。
その子は、優しくて明るくてよく気がつく思いやりのある
いわゆる性格の良い子だけど、
勤務中に高齢者に暴言を吐いたことで解雇になってしまったそうだ。
彼女は自分が暴言を吐いたことに非常にショックを受けていた。

でも、私は意外ではないと思った。
何をされても許せる…という程
神様みたいな人なんていると思うのが幻想だと思う。

介護は体力的にも精神的にもとてもハードな仕事だし、
その中で利用者さんに暴言を何度も言われ続けたり、
認知症が進んでいる方に攻撃的にされたりしても
明るく働ける職場であることのほうが珍しいと思う。


自分の子供相手の育児だって
追い詰められている状態だったらどうなるかなんて誰にもわからない。
事件を起こしてしまうのが鬼のような人ばかりなわけじゃないと思う。

健診の時に市役所の人から
育児のサポート環境とかママ友の有無とか色々なことを聞かれるが、
どんな人にも状況・環境によってどうなることもあり得ると思う。
ドラマの「Mother」で虐待していたお母さんも
もともとは子煩悩の明るくて頑張り屋のお母さんだったけど、
色々な要因でどんどん生活が変わっていってしまっていた。


たとえ介護を志した人でも、
障害者のことを考えて仕事についた人でも、
中の環境によってどうなるか、その人でないとわからないことはたくさんあるんじゃないかと思う。

今回の事件の犯人を擁護したいわけじゃなくて、
信じられない、許せない…と報道しているのを聞いているだけでは
なんだか違和感があったので自分の考えを書いてみたくなりました。


もし自分が自分で判断できない状態になって生きているのが辛かったら
人生を辞めたいと思うかもしれない。
でも、安楽死したい、と伝えられるかどうか…
安楽死したくてもさせてもらえる環境にあるかどうか…

今回の犯人はとても勝手だと思うが、
出生前診断を受けてお腹の子供の障害がわかった時に堕ろす親は90%を超える…というデータを知って
きっと子供の将来や自分が死んだ後のことまでよく考えて決断したことなのだろうと思うので、
その判断自体は責められることなのかどうか、わからない。

かといって、産まれてきた子供が障害を持っていたら不幸だ…と決めつけるのも
すごく強引で勝手だと思う。想像でしかないので綺麗事かもしれない…

宗教によっては、障害も神様からの預かり物・プレゼントだ…という考え方もあるようだ。
自分で命を選択できるような時代になってしまったからこその
問題なのかもしれない。













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

つわりからの逆流性食道炎 [妊娠]

だいぶこうしん滞っておりました…
この3ヶ月間、つわりがしんどくて
半分死んだような生活をしていました。

現在20週ですが、未だに一日の殆どが気持ち悪い…
前もそうだったようですが、
昨日胃の上あたりがヒリヒリと痛むので
これはもしかしたら…と思い、
「つわり 逆流性食道炎」で検索してみたところ
症状が一致しました…

道理でつわりの漢方薬飲んでも気持ち悪いのが治らないわけだ…

胃の上が焼けるようにヒリヒリする
吐き気がする
横になると気持ち悪くて、夜寝られない
食べ物が喉のあたりでずっと滞留している感じ


ここのところ気持ち悪くて眠れず、
あまりの眠さにやっと気持ち悪さに眠気が勝った日だけ寝られる…
という日々だったので

妊娠中のホルモンバランスの崩れからきているのか
かなり精神的に不安定で
毎日涙が止まらなくなったり
子供にイライラし続けたり
死にたくなったり逃げたくなったり
身近な人が普段と変わらない生活を送れることに苛々して孤独感にさいなまれたり

もうぐちゃぐちゃでした…

逆流性食道炎のページにあったので
寝る時に上体を少しあげて寝る、
左を下にして寝る、
をやってみたら昨日は寝られて

消化のいいものを少しずつ食べる!を今日やってみています。

解決方法がわかると、なんだか気持ちが少し浮上して
死にたい、逃げたい、と考えているだけじゃなくなって
夫に対しても少し優しい気持ちになれて…

もう一緒にいられない、と思っていたのに
なんであんなことに苛々してたんだろう…と思ったり

気持ちが不安定なときって
本当に嫌です。

妊娠が分かった時にはあんなにうれしかったのに
吐き気が一日中止まらなくて
気分が塞ぎこむと
嫌なことばかり考えてしまいました。

いまだに気持ち悪いけど
寝られて解決方法がわかったら
久しぶりに日記を書く気になりました。














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

明日で妊娠10週目 つわりがキツくて… [妊娠]

妊娠がわかってうれしかった気持ちからまもなく
つわりが始まって、
一日中気持ち悪い状態が続いてから
もうすぐ一ヶ月が経とうとしています。

上の子の時は、
妊娠後期までずっと気持ち悪かったのを思い出して
既にヘタれています…

つわりは病気ではないというけれど、
気持ち悪くて精神が崩壊しそうです。
子供がいるにもかかわらず、
「今日で人生終わりたい…」
と思ってしまうほどのヘタレです。。。

お母さん、情けない…
妊娠特有の精神的な不安定かもしれませんが、
お腹の中では子供が一生懸命成長してるのに
自分の気持ちがヘタってて
悲しくなります…

上の子は元気いっぱいで
気持ちが悪くて寝ていると
お腹に乗っかってきます(;;)

たまに、乗っかる場所がツボに入って
気持ち悪さが少し軽減することがあるので
それに期待しながら…

しかし、昨日は顔面に頭突されて
鼻が折れるかと思うくらい痛かったです。。。


つわりがひどくなる時の状況と
少し楽になる時に何があったか…
忘れないように書き留めておきたいと思います。

私の場合のつわりがひどくなる時

①体が冷えている時
②お腹が空いている時
③特定のにおいがする時
④あしのふくらはぎがだるい時
⑤動きすぎた後
⑥食べた後
⑦お風呂に入った後
⑧髪の毛が濡れている時

つわりが少し楽になる瞬間

①おならが出た時
②ゲップが出た時
③お尻、足を暖めた時
④足の指を動かした時
⑤手首の内側のツボをおした時(腎臓の場所)
⑥胃腸関係のツボをおした時
⑦ふくらはぎを揉んだ時
⑧首・肩のコリをほぐした時

私の身内はつわりがなかった〜という人ばかりで
すごく寂しくてしんどいです…

つわり友達がほしいです(><。)












nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

妊娠発覚!?(妊娠超初期)妊娠5週か妊娠6週? [妊娠]

最近生理が来ないな〜と思っていて
でも授乳終わって生理が来るようになってまだ2回だけだから
生理不順なのかな〜って思っていたのですが、

二人目も望んでいたので念のため
検査薬を買ってきて調べてみました。

そしたら、なんと陽性でした!!とってもうれしい☆彡

昨日まで気分が沈んで
すぐ涙が出てきて
落ち込んでましたが、
なんか気持ちがすごくうれしくなってきました!

そして、
子供の妊娠がわかった時も、
こんな気持だったな〜って思い出しました。
とってもうれしくて、
ふわふわした気持ちで
仕事をしていても
お腹の中のことが気になってました。
育児に疲れて苦しくて
そんなことも忘れていました。
お姉ちゃんになるんだな〜^^…


気になるのは
こないだまで飲んでいた咳の薬と抗生剤と
先日友達が遊びに来てくれた時
ちょっとだけ飲んでしまったビール…

妊娠4週未満までは胎盤が作られてないそうなので
アルコールの影響はないそうです。

ということで、週数チェック…
最後の生理が3月4日からだから…
数えたら
薬やビールを飲んだのは、
妊娠4週の週でした。
影響あったらどうしよう…病院できいてみます。

ビールは一缶も飲んでないのですが
やはり気になります…

最終生理日から数えたら
予定日は12月11日頃なのかな…

(妊娠 周期 カレンダー)とかで調べると
いつが予定日か、今が何週目かわかるページがあるので
それで調べてみました。

食べ物にも気をつけなきゃ…!!












子供を連れて花見…✿ [育児]

桜が綺麗です^^
子供を連れて花見に行ってきました〜
ずっと芝生で遊んでて大満足の我が子…♪

遊んでいた小学生に近づいていって
一緒に遊びたそうにしていたら
みんなで可愛がってくれました…
すごくうれしい…

「赤ちゃん、名前何?」とか
「リロリロリ〜って言ったよ〜かわいいね!!」とか
 抱っこしてくれたり、
 みんなで遊んでくれて本当に感謝です☆

しかも、
「お姉さん?お母さんは一緒に来たの??」
と聞いてくれて、秘かに舞い上がってた私…
最近若く見られたことないのにな〜〜

社交辞令だったら、小学生(低学年)なのに
すごいな〜〜って思いました。
社交辞令じゃないということにしておこう…^^


タグ:花見

産むまで知らなかったこと [思ったこと]

子供をかわいく思えないことや、
産む前に戻りたいと思っていることを
考えちゃうと

すごく罪悪感で、
嫌な気持ちになる…

ネットとかでは、
そういう発言って

親として最低!とか
そういう人は子供産むなとか
書かれているのも知ってる。。


すごく望んで産まれてきてくれた子供なのに
自分がいっぱいいっぱいすぎて

いなくなってほしいって
思ってしまうことって
自分に対してもすっごく責めている気持ちがあって
自分勝手!って思ってる。


でも、そんなことを思わない人もいるわけで
子育ての大変さはもちろんあるけど、
子供が笑ってくれることに癒やされて吹き飛ぶって
よく聞く…

私は吹き飛ばない…
吹き飛ばしたい。。
本当は、子供をかわいいといつも思ってられるお母さんになりたい。

子供がう◯こを取り替えさせてくれなくて逃げ続けていても
わざと飲み物をこぼして遊んで洋服をびちゃびちゃにしても着替えたくないと逃げていても
ご飯は食べないで食べ物で遊ぼうとするくせにお菓子を欲しがって泣き続けても
明らかに1人で降りたら危ない段の大きい階段で私の手を振り払って1人で降りるときかなくても

それが成長と思って
おおらかに受け止められるお母さんになりたい。
(食べ物で遊ばれるのはすごく嫌だけど…それもこの時期は勉強のようだし…。)

なかなか難しいな…

子育てをした人でも

子供の性格が違ったり
育てている環境が違ったり
周りに協力してもらえたり…

状況が違う人に上から意見されたくないという気持ちも強くて

こないだ花見会場にをいったら
おばあさんに
「可愛い子だね〜、
 最近子供を殺すバカがいるでしょ?
 あんな風にはなるんじゃないよ」
と言われて…
愛想笑いをしてその場を去ったが、
すごく嫌な気持ちになった。


私は、
子供を殺すことに関しては
決して肯定的に捉えられないし、
自分がその状況になるのは
絶対考えたくないけど、

子供を殺して自分も死のうと思って…
というお母さんに対して
責められるようなことなんて
立場も状況も違うのに何もない。

それだけ大変な
想像を絶する何かがあったのかもしれない、
精神が崩壊していて
逃げることを考える事以外出来なかったのかもしれない


子供が産まれるまで、
自分が怒られていないときまで
本気で頭突きをされることも
足蹴りをくらうことも
目の中に指を入れようとされてヒリヒリすることも
何もなくて

自分って安全なところにいたんだな〜って思う。

そんなことで子供に苛々するのは
大人げないって思われるかもしれないけど、
本気で痛い時は
顔も見たくないと思ってしまう。












nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

子供をかわいいと思えなかった理由 [育児]

もっと子供のそばにいたい…
というお母さんも多いかもしれません。

でも、私の場合は
子供を可愛いと思えない、少しでいいから子供と離れたい、働きたい…でした。
こんなことを日記に書くのは…

なんでそう思うのか…私の中で理由がわかったと思えたからです。
そして、もっと子供のそばにいたい…と思えるお母さんになれるように
原因を解決していきたいと思っています。

可愛いと思えない、子供と離れたい、子供がストレス…
これは子育ての時だけでなく
いろいろな悩みを持っている時に思ったことと似ていました。

思えば、ふとした時にいつも
寂しい、辛い、消えたい、自分の存在が消えていなくなりたい…
と漠然と思い、

恋人といても
家族といても
友だちといても

ふと、何かに没頭していた時から離れると
寂しい 消えたい…などで検索していました。

やたら人に対して攻撃的になったり、
破壊活動をしたい欲求に駆られたり…
毎月彼氏に別れたいと言って
自暴自棄になってしまい、
実際に別れたことも何度もあります。

私は、これの原因がずっとわかっていませんでしたが、
なぜか毎月そういう時期があったので生理前だからだと思いつきました。
調べてみると、
PMSという生理前にウツのような症状になる状態があることがわかりました。

そして、小さかった時に
理不尽に親に怒られた時の記憶が
鮮明に蘇ってきました。

きっと母もPMSだったんだ…

そして、私はそんなことは知らずに
ただ母が機嫌の悪い時には
悲しい気持ちになったけど、
その後に来る機嫌の良い時期に
戸惑ったことを思い出しました。

PMSは生理が来ると治まることが多いです。
このことを小さい時にわかっていたら…
怒られている理由が分かるだけでも
たとえ、それを理解できなくても
説明してもらえたら
何もないよりは安心するだろうと思いました。


そして、子供を育てているときの、
子どもと離れたい、
産む前に戻りたい、
勝手にないてればいい、
子供がかわいくない…

という驚くほど冷たい感情。。。。


これを調べているうちに、
私はアダルトチルドレンだということが
はっきりわかりました。

アダルトチルドレンをご存知のかたも多いと思いますが、
家庭の中の要因など何らかの理由で
子供時代に子供として過ごさず、
大人のような振る舞いをしていたものの、
心はその時のまま止まっている…

自己肯定感が低く、
自分が見捨てられることを恐れていて、
人に嫌われたくない、
認められたい、という気持ちが異常なほど高く、

人に認めてもらうための行動をしようとするあまり
実際に自分が何をしたいかわからなくなっているほど…
気を遣いすぎて、うまく人間関係を築けない…
というような
(ほかにもいろんな特徴はあります)
状態のことです。

病気ではなく、性格のくせのように捉えられていますが、
アダルトチルドレンが原因となって
ウツや過食症を発症することも多いそうです。

日本人はアダルトチルドレンになりやすい国民性で
(よく言うと、協調性がある、NOといえない日本人…)
全体の人口の8〜9割がアダルトチルドレンであるとも言われています。


そんなアダルトチルドレンですが、
子育てしていく上で次の世代に連鎖するそうです。
たとえば親のような育て方はしたくない…と
反面教師にしても
子どもとの境界をうまく引けないことによって起こりうるので
結局アダルトチルドレンからは逃れられないそうです。

私の場合の例を挙げさせていただくと、

祖母は愛情を表現するのが苦手な人で、
母はいつも寂しい思いをしていたそうです。

子供にはそういう思いをさせたくないと、
いつもべったりそばにいてくれていましたが、
私の意志などお構い無しで
子供は自分の分身…という考え方で
自分の価値観を植え付け、
善悪の判断、人の好き嫌い、友達選びに至るまで
母の意見に従わないことはありませんでした。

それも子供への愛情あっての事だったと思います。
しかし、
自分が子育てをしていく上で
息苦しさ、母への強い反抗心が湧き出てきました。

私はアダルトチルドレンであり、
PMSでもあり、
生理前に特に症状がひどくなるということを分析しました。
(あっているかどうかはわかりませんが)

そして、このままの状態で
子育てを続けるのは
私にとっても子供にとっても
あまり良い影響がないとおもったので
なんとかこの状態から打破したいと思いました。

それで、思いついたまま2冊の本を買ってみました。
びっくりしたことに缶ジュースより安かった…
これで変われるなら儲けモン…と思って。。

ちょっと感想を紹介させてください。
この本は虐待を受けた人向けに書かれていました。


私は虐待を受けていたわけではなく、
ピンとこなかったのと、
解決方法が載っていたわけではなかったので
私にとっては的外れでした。
この本に癒やされる人もいるとは思いますが…




この本は、アダルトチルドレンについての知識だけでなく
子育てをする上での心構えや
癒やされる方法、
実際に解決するためのやり方の手順が載っていて
とても勉強になったし、実際にやってみようと思いました。

すごくためになった内容は、

子供をかわいいと思えないのは、 自分のことを受け入れられていないから。
自分が自分のことを受け入れられていない 余裕のない状態で 子供のことをかわいがれないのは普通のことです。


と書かれていて、
自分が子供のことを可愛いと思えないことについて
他のママと違って
罪悪感とか孤立感とか感じていたので
ホッとしました。

まず実際に心のデトックスをやって
自分の中のアダルトチルドレンの部分を
流していきたいと思います。

またブログで報告させてもらいます。










nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。