So-net無料ブログ作成
思ったこと ブログトップ

嫁姑問題、姑が死に直面する時 [思ったこと]

実家の父から
祖母が危ないと連絡をもらい、
会いに行ってきました。

気丈すぎるほど強気で
何にも負けない祖母が
少し弱々しい声になっていました。

私は祖母と母の確執を小さい頃から見ていて
母がすごく苦労していたのもたくさん見てきたし、
自分でコントロールしようと
私の進路や結婚までなんでも決めようとしていた祖母だったから
複雑な思いがありますが

メールをもらってから
大丈夫かなとか
小さい頃にたくさん可愛がってもらったこととか
思い出しました。


小さい頃から
母とも祖母とも仲良くするのは
絶対に不可能で
どっちにも嫌がられないように
両方に気を遣っていましたが、

自分の結婚を意識するようになってから
母の味方になることが多く
金銭的なトラブルがあったり
母を悪者にされた時に
祖母に酷いことを言った経緯もあり、

祖母からは
可愛がってやったのに、母の側について
と批難されていました。


そんな関係だったから
母以外の家族もバラバラに祖母の御見舞に…

私は娘達を車に乗せて2時間…
祖母に会いに行ってきました。

たくさんの線につながれて
寝たきりの状態で
でも、
よく来たね…と
私の子どもたちのことを気遣ってくれたり
体は弱っていましたが
話の内容はやはり気丈でした。


母に行ってきたの?と聞かれて
行ってきたよ、と話したら
祖母の悪態を延々と聞かされて

今までのことは本当に色々あったけど
私は、この人の味方をしていたのかと思うと、
なんだか悲しい気持ちになりました。

人気ブログランキングへ










nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

産後クライシス?? 夫への 爆発【愚痴注意】 [思ったこと]

私は片付けがすごく苦手です。
主婦なのに
なかなか片付けの出来ない人です。

他の家事はまだしも、
掃除の面では
私はかなり卑屈で、
専業主婦というハードルの高さから逃げたくて
在宅ワークをしている要因の1つでもあります。
(外で働けてないので専業主婦であることに変わりはないのですが)


全力で頑張ったところで
子供が散らかす速度より
私が片付ける速度のほうが遅くて

「今日は絶対綺麗にするぞ!!」
と、決めて1日掃除に費やしても
夫が帰ってくるころには
「だいぶ散らかしたね〜」という状態の部屋になってしまいます。


夫はとても綺麗好きですが
私が掃除をしているので
お互いイライラします。


そして、先日ついに大爆発してしまいました。
夫のイライラと私のイライラ…
お互い口で言い合っての喧嘩はしないので


私の中で様々な感情がグルグルグルグル…
勝手に心の中が荒んでいっていました。


「働いてないくせに、片付けもできてないって思ってるんでしょ」
「自分はたっぷり寝てるくせに」


イライラ
イライラ

プチンっ

あぁ、片づけられないのは物があるからでしょ?
何もなければいいんでしょ??
全部ゴミね!!と言いながら
大きな袋に部屋のものを詰め込んでいたら
夫に止められて
「いつも関わろうとしてもかわすくせに
 今更何よ」と、大爆発してしまいました…トホホ


上の子が赤ちゃんだった時は
たくさん手伝ってくれて
気にかけてくれた夫だっただけに


下の子が生まれてからは

寝る部屋は休日でも別々
休日も一緒にいる時間がない
早く帰ってきた日も食事を済ませたら先に部屋にいって寝る
私が話しかけてもかわされている
家のことと育児はノータッチ

という日が続いて
他にも思うところが色々あって
夫に対するイライラが蓄積されていました。


夫はと言うと、
私がイライラしているのを感じて
一緒にいたくないのかな、自分はいないほうがいいのかな
と思っていたそうです。





夫の主張は
働く働かない関係なく、掃除はしなきゃいけないもんじゃないの?
ということと、
親が片づけられないと子供へのしつけが心配、将来困るのでは??
ということでした。


すごくもっともだけど、

私としては
下の子が2週間ほど体調を崩していたので
夜1〜2時間で度々起きてしまっていて
睡眠が取れてなくて、
上の子は外に遊びに行けなくて毎日エネルギーがありあまっていて
外で遊ばないので昼寝もしない日も多いから
なかなか片づけられなくて部屋がどんどん荒れていってるのに


夫は別の部屋で自分のペースで睡眠を取って
でも「寝ても眠い」と言いながら
休みの日だからとまた昼寝もしてきて

↑ここまでは、外で働いているから大変なんだろうな…という気持ちもあり
 気遣おうとおもっていたのですが

部屋が散らかっていることにイライラしている夫に対して
他に思うことないの??
という怒りが止められなくなってしまいました。


その後
久しぶりに私の話を聞いてくれて
家族4人で寝ようという提案にも承知してくれて
先週は夕食後子供を連れて4人で散歩もできたので
すごくうれしかったです。


喧嘩しない夫婦は危ないとか聞くけど、
これかなって思いました。

あまり物事を言わない夫なので
何を考えているか全く分からず、
今回は私が爆発しなかったら
もっと長く悶々としていただろうから
良かったと思います。













nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

障害のある方の施設での事件のニュースを見て… [思ったこと]

障害者施設での計画的な大量殺人のニュースを見て
殺人は重罪ながら、腹立たしい、意外だった、という報道ばかりで
虐待死の事件と同様、なんでそこまでのことを実行してしまったのか、
犯人がどういう心境でこの事件を起こそうとしたのか、
遺族の方々には申し訳ないけれど考えてました。

ニュースを見ると、犯人は
障害者施設で働いている中で
複数の種類の障害を併せ有する重複障害者が
「一生縛られたまま」であったり
「家族と断絶状態の人もいる」ことに触れて衝撃を受けて
安楽死させた方が家族にとっても幸せなのでは…という思想に至り、
それを実行してしまったということがわかった。

私は障害者施設のことは詳しくないけど、
犯人の言うとおり
家族にとってお荷物で施設に任して断絶状態の利用者の方もいるかもしれないが、
家族にとってはかけがえのない存在だけど
事情があってやむなく施設に入っていた…ということもあるかもしれない。

何より安楽死と言っても、
本人は障害を不幸と思っているかどうかもわからないし、
たとえ家族と断絶状態でも死を望んでいないかもしれない…

何も罪のない人を自分の勝手な判断で殺したことは決して許されないことと思う。
しかし一方で障害者施設で働くということが想像を絶するほど大変なことなのかもしれないとも思う。

介護をしている人が介護疲れで相手を殺してしまうこと、
育児をしている人が育児疲れで子供を殺してしまうこと、
許されないことだけど、その判断ができないほど、
できていたとしてもそこを超えてしまうほど、
極限まで追い詰められている何かがあるんじゃないか…と想像する。

もちろん、それを言い訳には出来ないけど
環境の中で、自分が我慢できる範囲を超えることってあるし、
そこで感情のコントロールができない精神状態になることに関して
責めるだけでは解決にならないと思う。

私の友達に高齢者施設で働いていた人がいる。
その子は、優しくて明るくてよく気がつく思いやりのある
いわゆる性格の良い子だけど、
勤務中に高齢者に暴言を吐いたことで解雇になってしまったそうだ。
彼女は自分が暴言を吐いたことに非常にショックを受けていた。

でも、私は意外ではないと思った。
何をされても許せる…という程
神様みたいな人なんていると思うのが幻想だと思う。

介護は体力的にも精神的にもとてもハードな仕事だし、
その中で利用者さんに暴言を何度も言われ続けたり、
認知症が進んでいる方に攻撃的にされたりしても
明るく働ける職場であることのほうが珍しいと思う。


自分の子供相手の育児だって
追い詰められている状態だったらどうなるかなんて誰にもわからない。
事件を起こしてしまうのが鬼のような人ばかりなわけじゃないと思う。

健診の時に市役所の人から
育児のサポート環境とかママ友の有無とか色々なことを聞かれるが、
どんな人にも状況・環境によってどうなることもあり得ると思う。
ドラマの「Mother」で虐待していたお母さんも
もともとは子煩悩の明るくて頑張り屋のお母さんだったけど、
色々な要因でどんどん生活が変わっていってしまっていた。


たとえ介護を志した人でも、
障害者のことを考えて仕事についた人でも、
中の環境によってどうなるか、その人でないとわからないことはたくさんあるんじゃないかと思う。

今回の事件の犯人を擁護したいわけじゃなくて、
信じられない、許せない…と報道しているのを聞いているだけでは
なんだか違和感があったので自分の考えを書いてみたくなりました。


もし自分が自分で判断できない状態になって生きているのが辛かったら
人生を辞めたいと思うかもしれない。
でも、安楽死したい、と伝えられるかどうか…
安楽死したくてもさせてもらえる環境にあるかどうか…

今回の犯人はとても勝手だと思うが、
出生前診断を受けてお腹の子供の障害がわかった時に堕ろす親は90%を超える…というデータを知って
きっと子供の将来や自分が死んだ後のことまでよく考えて決断したことなのだろうと思うので、
その判断自体は責められることなのかどうか、わからない。

かといって、産まれてきた子供が障害を持っていたら不幸だ…と決めつけるのも
すごく強引で勝手だと思う。想像でしかないので綺麗事かもしれない…

宗教によっては、障害も神様からの預かり物・プレゼントだ…という考え方もあるようだ。
自分で命を選択できるような時代になってしまったからこその
問題なのかもしれない。













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

産むまで知らなかったこと [思ったこと]

子供をかわいく思えないことや、
産む前に戻りたいと思っていることを
考えちゃうと

すごく罪悪感で、
嫌な気持ちになる…

ネットとかでは、
そういう発言って

親として最低!とか
そういう人は子供産むなとか
書かれているのも知ってる。。


すごく望んで産まれてきてくれた子供なのに
自分がいっぱいいっぱいすぎて

いなくなってほしいって
思ってしまうことって
自分に対してもすっごく責めている気持ちがあって
自分勝手!って思ってる。


でも、そんなことを思わない人もいるわけで
子育ての大変さはもちろんあるけど、
子供が笑ってくれることに癒やされて吹き飛ぶって
よく聞く…

私は吹き飛ばない…
吹き飛ばしたい。。
本当は、子供をかわいいといつも思ってられるお母さんになりたい。

子供がう◯こを取り替えさせてくれなくて逃げ続けていても
わざと飲み物をこぼして遊んで洋服をびちゃびちゃにしても着替えたくないと逃げていても
ご飯は食べないで食べ物で遊ぼうとするくせにお菓子を欲しがって泣き続けても
明らかに1人で降りたら危ない段の大きい階段で私の手を振り払って1人で降りるときかなくても

それが成長と思って
おおらかに受け止められるお母さんになりたい。
(食べ物で遊ばれるのはすごく嫌だけど…それもこの時期は勉強のようだし…。)

なかなか難しいな…

子育てをした人でも

子供の性格が違ったり
育てている環境が違ったり
周りに協力してもらえたり…

状況が違う人に上から意見されたくないという気持ちも強くて

こないだ花見会場にをいったら
おばあさんに
「可愛い子だね〜、
 最近子供を殺すバカがいるでしょ?
 あんな風にはなるんじゃないよ」
と言われて…
愛想笑いをしてその場を去ったが、
すごく嫌な気持ちになった。


私は、
子供を殺すことに関しては
決して肯定的に捉えられないし、
自分がその状況になるのは
絶対考えたくないけど、

子供を殺して自分も死のうと思って…
というお母さんに対して
責められるようなことなんて
立場も状況も違うのに何もない。

それだけ大変な
想像を絶する何かがあったのかもしれない、
精神が崩壊していて
逃げることを考える事以外出来なかったのかもしれない


子供が産まれるまで、
自分が怒られていないときまで
本気で頭突きをされることも
足蹴りをくらうことも
目の中に指を入れようとされてヒリヒリすることも
何もなくて

自分って安全なところにいたんだな〜って思う。

そんなことで子供に苛々するのは
大人げないって思われるかもしれないけど、
本気で痛い時は
顔も見たくないと思ってしまう。












nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

乙武さんが叩かれていますが… [思ったこと]

今日は子育てとかと関係なくて
変な話になるかもですが…

乙武さんの不倫相手が
週刊誌で夜の話まで暴露してるみたいですね…

どうやっておこなったか…とか
そんなことを週刊誌でなくても人に話すのって
信じられないなって思います。

すごく親しい友だちにも
言わないような内容なんじゃないのかなって…

そんな人とお付き合いしていた
乙武さんの見る目のなさと人柄にも
「うーん…」って感じです。。。

しかも、3人もお子さんがいて
一番下のお子さんがまだ1歳だとか…

奥さんが構ってくれない、
恋愛感情がなくなった、
とかの理由で
不倫をしてしまうことの是非については
人によってあると思いますが、

子育てでそんなに大変な時期に
手伝える夫ではないことは明らか…

乙武さんは頭もいいし話もできる人だし
他の面でいいところはたくさんあるのでしょうが、

子供のお風呂とか、オムツ替えとか、ミルクあげたり、抱っこしてくれたりは
物理的に難しいかなって思います。
奥さんは、周りのママ友が旦那さんに手伝ってもらっているかもしれない中で
自分の夫は生まれ持っての先天性のことだからそれに関しては言及できない
むしろ自分がフォローしなきゃいけない…

そんな中で孤軍奮闘していたのではないかなと思います。


乙武さんは、子供のことが大事なら不倫はしてはいけなかったと思います。


ただすごく下世話な話ですが、
子育て中の奥さんが構ってくれなかったら
1人でするという男性もいるのでしょうけど

そういうことが出来なくて
他の女の人となのかな…って

でも、
なんだかすごく嫌悪感です…

でも男の人ってそういうの仕方ないのか
どうなのか
しないままで大丈夫なのかどうかとか
女の私にはわからなくて

乙武さんの奥さんが謝っていることに対して
賛否両論、乙武さんはものすごく叩かれていますが
そういう経緯とか
人にわからないこともあるのかなって思いました。

でも、育児中に夫が不倫していたら
私はもう受け入れられないですけど、
寛容な奥様なんだなって思います…


倫理的にとても自分勝手なのかなと思ったので
国会議員とか先生とかそういう立場には二度となってほしくないですが、
体が五体満足でなくても、モテたり不倫ができるということを
世の中に示したのは、
すごく衝撃的でインパクトが強く、
身障者であることが理由で恋愛・結婚に躊躇している人にとっては
背中を押すことになるのかな…と思います。

不謹慎ですが、
身障者の子供の将来を不安に思う方にとっては、
体のことをデメリットにとらえず、
ここまでのことをする乙武さんは
変な意味でも勇気を与える存在なのかなとも思いました。

かなり、イメージダウンですけど…


身障者が不倫しないイメージだったのは、勝手な偏見だったのですが

奥さんはすごく覚悟をして結婚して、
サポートもされてたんじゃないかな…と思うので
奥さんが子供に向いたからほかの人で…というのは覚悟が足りなかったんじゃないかなと思いました。










タグ:乙武

ママ友たちの話を聞いて驚いたこと [思ったこと]

友達の子供は色んな人に抱っこされたがって、
よく私のところにも抱っこされに来ます。
それを見た私の子がヤキモチを焼いて 泣きついてくるのが可愛いです…鬼母です…

そんなやり取りをしていた
1歳児のママ友同士での会話で
驚いたことがありました。

ママ友1「誰にでも抱っこされたがって、
     こないだおばあさんに抱っこされたがったから
     さすがにね〜〜」
ママ友2「おばあさんは…ねぇ…」

ママ友1「うちの親にも、大丈夫なおばあさんだった?って
     聞かれたよ…」

おばあさんに抱っこされて、ぎっくり腰でもなっちゃったら大変だから…
ということかと思ったら
どうやら、おばあさんによっては汚い人もいるという共通認識だったみたいで…


汚いおばあさんがいる…という認識がなかった私には驚きでした。

ただ単に私が汚いおばあさんに会ったことがないのか…
そもそも私が自分自身清潔ではないと思ってるからそういう認識がないのか、

私達ママ友世代だけじゃなくて、
そのママ友の親もそういう認識があるということが
なんだかショックでした…

そのママ友は二人ともとっても優しくて親切なので、
私のだらしなさとか知ったらひかれちゃうかな…とも思いました。
私も汚いおばあさんになりそうだ…
人間と付き合うって難しいな…


















不満爆発…(++) [思ったこと]

腹が立つと、喉が痛くなるものですね…

販売・覆面調査などの会社に対してですが、
あまりにありえない対応だったので
腹がたちました。

電話対応する社員の質が悪い上に
沖縄の方は問い合わせしたのに、
連絡すると言われたまま、
一向に連絡がきませんでした。

そして再度東京に連絡するも一から説明…
その後説明して操作してもらって指示を受けたけど
その指示が適切じゃなかったので
画面操作が出来なくなり
また電話して一から説明して
他の担当に変わってまた一から説明し直し…

電話対応の人もこっちに非がある言い方してたけど、
なんの説明もなしになんのメールも来ずに
その操作しなきゃいけないのはイミガワカラナイ…

社内では当然のことなのかもしれないが、
こちらは全然わかっていなかったので…

お仕事をさせてもらって報酬を受けたいがために、
今日は何度も電話して待たされて…の繰り返しで
いい加減嫌になりました。


電話料金が高いのに長時間待たせる、
他の人に変わっても内容を把握してないから同じ内容の説明を何度もさせる、
会社内の規定がわかりづらいために電話するはめになったのに、
無効な指示をしてくるせいで画面が先に進まなくて再度電話をかけなおさなければならない、


なかなか外に出る仕事ができないから
こういう単発のところに登録しているというのに、
電話代がかかりすぎて、
本当に本当にストレスでした…(ーー;)

なんか理解してもらえないんだろうな…
こういう気持ち…

















タグ:覆面調査
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

朝日新聞の吉田調書からの捏造、許されざる内容 [思ったこと]

震災後、東京電力さんへの批判はある…
もちろん事故の対応や予防できなかったことは東京電力の体質によるところもあって人災となった部分もある…
でも当時の吉田所長は、
放射能が漏れて危険だった福島第一原発で
自分の命を顧みず、部下たちを守るため・福島を守るため・私達の日本を守るために
精一杯戦った人だったことは
実際に震災後に吉田さんに会いに行ったジャーナリスト:青山繁晴さんの「わが祖国」という本で読んだことがあったし、
福島第二原発の増田所長や所員の人たちもメルトダウンを防ぐために、冷却するための電力を夜を徹して電線を運んで工事をしたということも何かの記事で見たことがあったので

現場の人達が、吉田所長の指示に従わずに逃げ出したなんて報じられて、
しかもそれが海外メディアでも批判されていたり、
日本もセウォル号と同じだったと報道されたりしているのは許しがたいことだと思います。

従軍慰安婦の問題も然り…
左でも右でも自分の主張を出す分にはいいですが、

世論を操作できるほどの強大なメディアだと思うので
捏造の記事によって
日本に悪いイメージをつけようとしていると見えてしまってもおかしくないです。

新聞に書いてあることが信用出来ないなんて、
…というか長年信用出来ないようなことをしているような新聞社が力を持っているなんて…

私達が何を信じればいいのか・どういう風に生きることをいいとするのか…
考えることが難しい社会です。。。













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
思ったこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。